Nagasaka Lab.
トップ > 研究に関する情報 > これまでの経歴

これまでの経歴

これまでの研究業績や開発実績などについて.

プロジェクト
論文
  • K.Nagasaka. Parametric Greatest Common Divisors using Comprehensive Groebner Systems. Proc. International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC2017), 2017. 341--348.
  • K.Nagasaka. Approximate Polynomial GCD over Integers with Digits-wise Lattice. Communications of JSSAC. Vol. 2, 2016, Pages 15--32.
  • K.Nagasaka and T.Masui. Extended QRGCD Algorithm. Lecture Notes in Computer Science. Volume 8136. Computer Algebra in Scientific Computing: 15th International Workshop, CASC 2013, Berlin, Germany, September 9-13, 2013. Proceedings. Springer. 2013, 257--272.
  • K.Nagasaka. Approximate Polynomial GCD over Integers. Journal of Symbolic Computation, Vol. 46(12), 2011, Pages 1306--1317.
  • K.Nagasaka. Computing a Structured Groebner Basis Approximately. Proc. International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC2011), 2011. 273--280.
  • K.Nagasaka. A Study on Groebner Basis with Inexact Input. Lecture Notes in Computer Science. Volume 5743. Computer Algebra in Scientific Computing: 11th International Workshop, CASC 2009, Kobe, Japan, September 13-17, 2009. Proceedings. Springer Berlin. 2009, 247--258.
  • K.Nagasaka. Ruppert matrix as subresultant mapping. Lecture Notes in Computer Science. Volume 4770. Computer Algebra in Scientific Computing: 10th International Workshop, CASC 2007, Bonn, Germany, September 16-20, 2007. Proceedings. Springer Berlin. 2007, 316--327.
  • K.Nagasaka. Symbolic-Numeric Algebra for Polynomials. The Mathematica Journal, Vol. 10(3), 2007, 593--616.
  • K.Nagasaka. Using Coefficient-wise Tolerance in Symbolic-Numeric Algorithms for Polynomials. 数式処理, Vol. 12(3), 2006, 21--30.
  • K.Nagasaka. Towards More Accurate Separation Bounds of Empirical Polynomials II. Lecture Notes in Computer Science. Volume 3718. Computer Algebra in Scientific Computing: 8th International Workshop, CASC 2005, Kalamata, Greece, September 12-16, 2005. Proceedings. Springer-Verlag. 2005, 318--329.
  • K.Nagasaka. Towards More Accurate Separation Bounds of Empirical Polynomials. ACM SIGSAM Bulletin, Formally Reviewed Articles, Vol. 38(4), 2004, 119--129.
  • K.Nagasaka. SNAP Package for Mathematica and Its Applications. Proc. The Ninth Asian Technology Conference in Mathematics (ATCM2004), 2004. 308--316.
  • K.Nagasaka. Neighborhood Irreducibility Testing of Multivariate Polynomials. Proc. Computer Algebra in Scientific Computing (CASC2003), 2003. 283--292.
  • K.Nagasaka. Towards Certified Irreducibility Testing of Bivariate Approximate Polynomials. Proc. International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC2002), 2002. 192--199.
  • K.Nagasaka. Estimation of Cancellation Errors in Multivariate Hensel Construction with Floating-Point Numbers. Proc. The Sixth Asian Technology Conference in Mathematics (ATCM2001), 2001. 408--415.
  • K.Nagasaka and T.Sasaki. Approximate Multivariate Factorization and Its Time Complexity. International IMACS Conference on Applications of Computer Algebra '98IMACS ACA '98 Electrical Proceedings,1998.
プレプリント
研究報告
  • 宮田任寿,長坂耕作,高橋正.手で触る数理情報教育.神戸大学発達科学部研究紀要.第14巻,第2号.2007.211--216.
研究発表(2011年〜現在)
  • 長坂耕作.数式処理と学習管理システム - 静的評価の再評価 -.研究集会 数学ソフトウェアとその効果的教育利用に関する研究.京都大学数理解析研究所.2017年9月.
  • 長坂耕作.STLN-GCDの実装とその性能評価について.第26回 日本数式処理学会大会.2017年6月.
  • 長坂耕作.平成28年度RIMS共同研究「数式処理の新たな発展」:その最新研究と基礎理論の再構成.京都大学数理解析研究所講究録,No. 2019(2017),1--2.
  • 長坂耕作.パラメータを伴う最大公約因子計算における停止性.日本数式処理学会合同分科会.2017年1月.
  • 長坂耕作.パラメータを含んだ多項式の最大公約因子の計算法.研究集会 Computer Algebra and Related Topics.京都大学数理解析研究所.2016年12月.
  • K.Nagasaka. Seeking Better Algorithms for Approximate GCD. ISSAC 2016 Poster presentations. 19th - 22th July. 2016. ACM Communications in Computer Algebra.Vol. 51(1).2017.15--17.
  • K.Nagasaka. Approximate GCD and Its Implementations. Milestones in Computer Algebra, MICA2016. 16-18th July 2016.
  • 長坂耕作.近似GCDの大規模実験とExQRGCDの性能向上について.第25回 日本数式処理学会大会.2016年6月.
  • 長坂耕作.近似GCDにおける逐次的なQR分解法とその実装について II.研究集会 Computer Algebra and Related Topics.京都大学数理解析研究所.2015年12月.
  • 長坂耕作.近似GCDにおける逐次的なQR分解法とその実装について.研究集会 数式処理研究の新たな発展.京都大学数理解析研究所.2015年8月.京都大学数理解析研究所講究録,No. 1976(2015),1--7.
  • 長坂耕作.近似GCD向けChasingアルゴリズム改良の試み.第24回 日本数式処理学会大会.2015年6月.
  • 長坂耕作.近似 GCD の安定性について.研究集会 Computer Algebra and Related Topics.京都大学数理解析研究所.2014年12月.京都大学数理解析研究所講究録,No. 1955(2015),42--47.
  • 長坂耕作.fastgcdとuvgcdの改良について.第23回 日本数式処理学会大会.2014年5月.数式処理,Vol. 21(2),29--32.
  • 長坂耕作.近似GCDの速度比較 qrgcdからfastgcdまで.Risa/Asir Conference 2014.2014年3月.
  • 長坂耕作.近似 GCD アルゴリズムにおける枢軸選択の影響.研究集会 Computer Algebra and Related Topics.京都大学数理解析研究所.2013年12月.京都大学数理解析研究所講究録,No. 1907(2014),8--19.
  • 長坂耕作.厳密に与えられた系のGroebner基底を数値的に求める場合に必要な桁精度の考察.研究集会 数式処理研究と産学連携の新たな発展.九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所.2013年8月.MI レクチャーノート,Vol. 49,数式処理研究と産学連携の新たな発展,104--111.
  • K.Nagasaka and T.Masui. Revisiting QRGCD and Comparison with ExQRGCD. ISSAC 2013 Poster presentations. 26th - 29th June. 2013. ACM Communications in Computer Algebra.Vol. 47(3).2013.88--89.
  • 長坂耕作,増井貴明.近似GCDアルゴリズムの改良 - QRGCDの解析とExQRGCDとの比較 -.第42回数値解析シンポジウム.2013年6月.
  • 長坂耕作.近似GCDの性能評価 - LIBSNAPにおける3つの実装 -.第22回 日本数式処理学会大会.2013年6月.数式処理,Vol. 20(2),46--49.
  • 長坂耕作.ExQRGCDの近似代数ライブラリLIBSNAPへの実装について.Risa/Asir Conference 2013.2013年3月.
  • 増井貴明,長坂耕作.SNAP パッケージと QRGCD アルゴリズムの改善.研究集会 Computer Algebra - The Algorithms, Implementations and the Next Generation.京都大学数理解析研究所.2012年12月.京都大学数理解析研究所講究録,No. 1843(2013),101--113.
  • K.Nagasaka. Backward error analysis of approximate Groebner basis. ISSAC 2012 Poster presentations. 22th - 25th July. 2012. ACM Communications in Computer Algebra.Vol. 46(3).2012.116--117.
  • 長坂耕作.The Berlekamp Algorithm -サーベイと試み-.研究集会 数式処理研究の新たな発展.京都大学数理解析研究所.2012年7月.京都大学数理解析研究所講究録,No. 1930(2015),15--25.
  • 長坂耕作.近似グレブナ基底の後退誤差解析について.第21回 日本数式処理学会大会.2012年6月.数式処理,Vol. 19(2),29--32.
  • 長坂耕作.近似グレブナ基底の後退誤差解析の試み.Risa/Asir Conference 2012.2012年3月.
  • 長坂耕作.近似GCDの無平方分解への応用.研究集会 Computer Algebra - The Algorithms, Implementations and the Next Generation.京都大学数理解析研究所.2011年12月.京都大学数理解析研究所講究録,No. 1785(2012),1--7.
  • K.Nagasaka. A Symbolic-Numeric Approach to Groebner Basis with Inexact Input.Fields Institute Workshop on Hybrid Methodologies for Symbolic-Numeric Computation, Hybrid2011. 16-19th November 2011.
  • 長坂耕作.整数係数多項式の近似GCDとその実装.第20回 日本数式処理学会大会.2011年9月.数式処理,Vol. 18(2),56--59.
  • K.Nagasaka. An improvement in the lattice construction process of Approximate Polynomial GCD over Integers (Extended Abstract).Proc. Symbolic-Numeric Computation (SNC2011), 2011. 63--64.
  • 長坂耕作.近似代数の汎用ライブラリに向けて.研究集会 数式処理研究の新たな発展.京都大学数理解析研究所.2011年7月.京都大学数理解析研究所講究録,No. 1793(2012),30--37.

2010年まではこちらを参照

それ以外の講演
  • 長坂耕作.ISSAC 2017とSC2 2017の報告.研究集会 数式処理研究の新たな発展.京都大学数理解析研究所.2017年9月.
  • 長坂耕作.国際研究集会の仕組みとその運営 - ISSAC 2014 -.研究集会 数式処理研究の新たな発展.京都大学数理解析研究所.2014年8月.京都大学数理解析研究所講究録,No. 1927(2014),103--105.
  • 長坂耕作.国際研究集会を開くまで - CASC 2009 開催までの道のり-.研究集会 数式処理研究の新たな発展.京都大学数理解析研究所.2010年7月.
Mathematica関連の講演と講習会講師(2011年〜現在)
  • トランジションによるスライドショーのグレードアップ.Wolfram User Conference 2012 Kyoto.京都.2012.
  • 中級者用チュートリアル2: 文字列とパターンマッチ.2011年度第1回日本数式処理学会Mathematica分科会.甲南大学.2011

2010年まではこちらを参照

開発&管理業務
  • 神戸大学人間発達環境学研究科ネットワーク管理システムの構築と管理.2007-.
  • 神戸大学発達科学部人間環境科学科数理・情報環境論コース情報システムの構築と管理.2004-.
  • 山口大学プライベート認証局の構築.2004.
  • 山口大学メールシステムの構築と管理.2003-2004.
  • 山口大学Linux端末認証システムの変更と構築.2003.
  • 山口大学学内ネットワーク支線スイッチ管理システムの開発と構築.2004.
  • その他,山口大学メディア基盤センターにおける研究開発および管理業務.
著作物
  • 入門Mathematica【決定版】Ver.7対応.日本Mathematicaユーザー会 編著(3章,4章,7章,付録Dを担当).東京電機大学出版局.2009.
  • ますます出来る Mathematica ビギナー版.佐藤真人,市川浩,山口哲,長坂耕作,春日和久,宮地力(監修),大橋真也(監修).CD-ROM,(株)シーエーテー,2001.
  • ますます出来る Mathematica 標準版.長坂耕作,佐藤真人,市川浩,春日和久,山口哲,宮地力(監修),大橋真也(監修).CD-ROM,(株)シーエーテー,2000.
学会活動(編集及び会議運営)
  • 平成28年度RIMS共同研究「数式処理の新たな発展」研究代表者.
  • Journal of Symbolic Computation. Volume 75 (July 2016). Special issue on the conference ISSAC 2014. Co-Editor.
  • SNC 2014 (Symobolic-Numeric Computation, 2014). Program Committee.
  • ISSAC 2014 (International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, 2014). General Co-Chair and Local Chair.
  • ASCM 2012 (Asian Symposium on Computer Mathematics, 2012). Program Committee.
  • SNC 2011 (Symobolic-Numeric Computation, 2011). Program Committee.
  • CASC 2009 (Computer Algebra in Scientific Computing, 2009). Local Organizing Committee Chair.
  • ISSAC 2009 (International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, 2009). Program Committee.
  • ISSAC 2006 (International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, 2006). Poster and Software Demos Co-Chair.
  • ACM Communications in Computer Algebra. Associate Editor. 2016/08--.
  • Communications of JSSAC(Japan Society of Symbolic and Algebraic Computations). 副編集委員長. 2012/06--2014/05.
  • 数式処理 (Bulletin of the Japan Society for Symbolic and Algebraic Computation). 編集委員. 2010--2012/04.
経歴
2009年5月〜現在に至る
神戸大学大学院人間発達環境学研究科,准教授
2007年4月〜2009年4月
神戸大学大学院人間発達環境学研究科,講師
2005年6月
日本数式処理学会 奨励賞受賞
2004年4月〜2007年3月
神戸大学発達科学部,講師
2002年10月〜2004年4月
山口大学メディア基盤センター,助手
2002年4月〜2002年9月
筑波大学ベンチャービジネスラボラトリ,非常勤研究員
2002年3月
博士(理学),筑波大学数学研究科(現数理物質科学研究科
1999年7月〜1999年9月
インターンシップ,米国Wolfram Research Inc.
1998年3月
修士(理学),筑波大学数学研究科(現数理物質科学研究科
1996年3月
筑波大学第一学群自然学類退学