[数理情報環境論] 神戸大学|人間発達環境学研究科|発達科学部|数理情報環境論
トップページ > コース紹介
神戸大学発達科学部人間環境学科数理情報環境論コースの紹介
国際人間科学部環境共生学科「環境数理科学プログラム」の情報は掲載されていません。また,同プログラムは科目内容含め大幅に変更されていることにご注意ください.
数理情報環境論コースの目標

私達は,急速な発展,変化をとげる様々な情報環境(コンピュータや情報ネットワークなど)に取り巻かれており,多岐にわたる分野で人間の発達に大きくかかわっています.そのため,これらに関わる諸問題を数理的に解析する能力,及びさまざまな情報環境に対応できる能力を身につけた人材が必要とされています.数理情報環境論コースでは,

を柱とする総合的な教育と研究を行なうことにより,数理的な方法によるアプローチをめざします.

数理情報環境論コースの詳細

多岐にわたる情報を処理する高度な技術を備えた今日の高度情報化社会においては,様々な情報を扱い処理する情報環境が,人間の知的発達や産業構造に多大な変化を与えています.このような情報環境において,様々な問題を解決するための基礎的技法を与えるのが数理科学です.数理情報環境論コースでは,数理的理論を基礎から応用まで幅広く学ぶこと,様々な情報環境に関係する問題を数理的に捉え,それらを解析し,処理する実践的な能力を養うことを2つの柱としています.これらの能力を身につけるために,2年次では,具体的な問題解決に必要な数学の基礎理論を学ぶと共に情報科学の基礎能力をつけます.3年次では,次の4つの領域について更に学んでいきます.

数理と情報科学の基礎
論理的な思考にもとづいてものごとを正確に表現するトレーニングを行い,プログラミングやネットワークに関する基礎知識を習得します.
情報数理
情報数理では,情報環境を構成するコンピュータを理論的に考察し,計算やプログラムのしくみなど情報そのものがもつ数理的メカニズムの解明をめざします.
応用数理
応用数理においては,自然科学や社会科学に現れる様々な現象を数学的な視点からモデル化します.また,それらのモデルをコンピュータを用いて詳しく解析する方法についても学びます.
情報統計
情報統計では,私たちの身近に存在する様々なデータを考え,情報のもつ理論的な背景を考察し,統計学的な問題解決の方法について学びます.
数理教育の情報化
数理教育の情報化では,数理認識と教育に関する知識をベースに,数式処理システムなどを用いたWebアプリケーションなどについて学びます.
コースデータ
卒業研究
上記の各科目群の中からいずれかを選んで,さらに専門的に研究します.
最大受け入れ人数
25名
取得できる教員免許状
中学校教諭一種免状(数学)・高等学校教諭一種免状(数学)
コンタクトプロセス
専門科目の内容紹介
品質工学演習(学内限定)
統計に関連する専門科目で実施した品質工学演習の内容紹介です.実践的な演習を行っているため,学外に開示できない情報がありますので,申し訳ありませんが学内からのアクセスに限定させて頂いております.